セルフイメージを変える

ダイエットに限らず、「チャレンジしたいけど、なかなか第一歩目が踏み出せない。」という人は多いですよね。かくいう私も、「なかなか第一歩目が出ない人」なので、そういう人の気持ちはよくわかります。

そういう人は、現状に不満を持っている反面、深層心理では現状に居心地の良さを感じているのです。
この、居心地の良い場所を、コンフォートゾーンと言います。
コンフォート(comfort)とは、快適、安心、癒しなどを表す言葉です。

現状に対して居心地の良さを感じているうちは、そこから出ることは出来ません。

ダイエットを例にして考えると、

「太っている自分に不満ではあるが、好きなものを好きな時に好きなだけ食べられる今の生活が快適。」
「嫌いな運動をする生活よりも、運動の事なんて考えないですむ今の生活がやめられない。」
「ストレス発散には食べるのが一番よい。」
「太っている自分にも何らかのメリットがある。」

などと思っていると、ダイエットに踏み切ることは出来ません。
たとえダイエットで一時的に体重を減らすことが出来ても、必ずリバウンドして元に戻るでしょう。なぜなら、そこが居心地がいいからです。

痩せたいと思いつつなかなか痩せられないという人は、現状に居心地の良さを感じているのかもしれません。
まずはここに気が付くことが大切です。

現状に満足しているのであれば、無理に現状を変える必要はありませんよね。
少々太っているくらいであれば、それはそれで、その人の価値観ということになります。

では、どうすれば現状を変えることが出来るのでしょうか?
それは、現状がコンフォートゾーンでなくなればよいのです。
今の場所の居心地が悪くなれば、人は自然に居心地の良い場所へ移っていくものなのです。

では、どうすれば現状が居心地の悪い場所になるのでしょうか?
それは、セルフイメージを変えることがポイントになります。

セルフイメージが変わり、「私はこんなところにいるような人間ではない。」と思うようになれば、現状に居心地の悪さを感じるようになります。

「私は本来、健康的で活動的であり、だらだらと食べ物を口にするような人間ではない。」

そういうセルフイメージを持つことが出来れば、そういう人になることが出来るのです。

9b8034b6528880d518edfe7329c4f68b_s

そう考えると、人は、自分のイメージ通りの人間になるということが解ると思います。
イメージしていないような人にはならないのです。

もし、夢やなりたい自分像があるのなら、自分はそれにふさわしい人間であるというイメージを持ちましょう。
繰り返し繰り返しイメージすることで、自分の中に浸透させていくのです。
要するにイメージトレーニングです。

痩せたいのであれば、スリムになった自分を想像し、それが本来の自分の姿であるとイメージをするのです。
そのイメージが実感として感じられるようになれば、自然と行動できるようになるのです。