炭水化物で摂取カロリーをコントロール

これまで述べてきた私のダイエット方法を振り返ってみます。
私の提唱するダイエット方法は、とにかく摂取カロリーを数値管理しましょうということ。

1、目標とする体重を決める。
2、その体重になるための推定エネルギー必要量を計算する。
3、食事ごとにカロリー予算を決める。
4、バランスを考えながら、予算内に収まるように食事をする。
5、カロリー予算の前借り、繰り越しはオーケー。

私が提唱するダイエットはこんなにシンプル
カロリー予算は前借り・繰り越しOK!

バランスのとり方は、食品を次の三つに分類してまんべんなく食べること。

1、エネルギー源 主に炭水化物
2、身体の材料になるもの タンパク質、脂質、カルシウムなど
3、生理作用を円滑にするもの ビタミン、ミネラル、食物繊維

栄養のバランスをとるシンプルな方法

現在太っているということは、エネルギーの備蓄が増えすぎて困っているという事なので、エネルギー源になるものを減らせばよいということ。

炭水化物は、もともと人間の主食ではなかった。
摂取できなくても、体内で糖分を作り出すことが出来るので、必ずしも食べる必要はない。
だからと言って、ぜったいに食べてはいけないということもない。

ということを、これまでの記事で述べてきました。

炭水化物を主食の座から引きずりおろせ!
ホモ・サピエンスを想う

ここまで読んでくれば、もうお分かりだと思いますが、カロリー予算を守るために摂取カロリーを調整する際には、炭水化物で調整すればよいのです。
炭水化物はカロリーが高いものが多いですし、ご飯などは量を調整するのが容易ですね。

お茶碗一杯の白米は、だいたい250kcalです。
半分の量にすれば、一食当たり125kcal減。3食で375kcalも減らすことが出来ます!
丼飯の場合は1杯400kcalですから、これを半分にすれば一食当たり200kcal減。3食で600kcalも減らすことが出来るのです!

それでは、パンはどうでしょうか?
ヤマザキパンのオフィシャルサイトにカロリーの表示がありますので、参考にしてみます。

食パン(超芳醇6枚切り)は一枚当たり168kcal。これはご飯より少ないですね。
バターやジャムを塗らなければの話ですが。
高級粒あんというアンパンは、一個379kcal。丼ごはんに匹敵します!
コッペパン(ジャム&マーガリン)は、なんと525kcal!
これ一個でカロリー予算をオーバーしそうです。
メロンパンは405kcal。これも相当なカロリーです。
カレーパンは384kcal。これも相当なものですね。
大きなサンドイッチミックスという商品は360kcalです。これも結構なカロリーです。

「お昼ご飯は軽めにパンにしようかな。」
と思って、これらのパンを二つぐらいとヨーグルトにカフェオレをコンビニで買って。。。
なんてことをしていると、もしかしたら1000kcal越えなんてこともあるかもしれませんね。
恐ろしい話です。

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_s

飲み会の後の「締め」と言って、おにぎり、お茶漬けを食べて、さらにラーメン屋に寄って帰る、なんてしていませんか?私も過去にはよくやっていたのですが、こんなことをしていたら太ってしまうのは当たり前ですね。

炭水化物は高カロリーなのに食べやすいのが危険なのです。
ちょっと油断すると、かなりのカロリーを摂取しています。
身体の材料になるわけでもなく、血糖値を上げ、脂肪分として蓄えられてしまいます。

肉食が太ると思われていますが、肉はそんなにたくさん食べられるものではありません。
肉よりもはるかに危険なのは、炭水化物なのです。

太らない生活習慣を身に付けるには、炭水化物の摂り過ぎに注意することが大切です。
飲み会やパーティーなどでも、炭水化物を避けていればそれほど大変なことにはなりません。
ダイエット成功のカギは炭水化物が握っているのです。