量から質へと価値観を変える

ダイエットを成功させるカギを握るのは、価値観の転換だと思います。
食に対する考え方を変えるのです。

摂取カロリーを減らす、つまり量を減らすのが大切なのですが、それと同時に質を上げていくことも大切です。
質を上げることによって、少ない量でも満足感を得ることが出来ます。

価値観を量から質へとシフトさせるのです。

例えば、毎晩、夕食後に甘いものを食べる習慣があったとします。
そのためには、何かしら甘いものを買わなければいけません。
毎日の事なので、お金のことも気になります。
仕方がないのでスーパーやコンビニで安いケーキやシュークリームなどを買うことになるでしょう。

この夕食後のスウィーツを週一回にして、その代わりに、お気に入りのケーキ屋さんの飛び切り美味しいケーキを食べるのです。
毎日の習慣だったものを、自分へのご褒美へと価値を変えることで、満足感を得ることが出来ます。

一週間のカロリーも、それにかかるお金も節約できるうえ、週一回、豊かな時間を持つこと出来るようになります。

このように発想を変えていくのです。

実際、私は、夕食時にビールを飲む習慣があったのです。
この時は、お金の節約を考えて発泡酒を飲んでいました。

発泡酒を六本単位のパックで購入して、いつも冷蔵庫に入れていました。
冷蔵庫を開けると嫌でも発泡酒が目に入ります。
すると、習慣とは恐ろしいもので、大して飲みたいと思わないのについ飲んでしまうのです。

このことに気が付いた私は、発泡酒を買わないことにしました。
どうしても飲みたいときには、その都度、買いに行くことにしたのです。
これだけで、かなり飲む頻度が減りました。

飲む頻度が減ったので、節約を意識しなくても良いのではないだろうか、と思うようになり、飲むときには美味しいビールを飲むようにしました。

今日は飲みたい気分だなあ、と思うと、酒屋さんに行っておいしそうなビールを物色するのです。
値段は気にせずに、その日気に入ったビールをその日に飲む分だけ買って、ゆっくりと味わって飲むのです。
やがて、ビールの味比べも楽しくなりました。

このようにして、飲む頻度が減ったことで、新たな楽しみを得ることが出来ました。
そして今では、家で飲むことはほとんどなくなりました。

0820b645551580f3c6471b114c0af800_s

普段食べるものでも、量を減らした分、質を上げることで満足感を得ることが出来ます。
豊かな食事とは、量が多い食事を言うのではなく、質の良い、健康的な食生活を言うのだと思えるようになってきます。

このようにして、ダイエットを通して、豊かな食生活を実現していくことをお勧めします。