運動を習慣化するコツ

運動が体に良い。
引き締まった綺麗な身体、健康的な身体を作ることは解っている。
でも、中々できない、続かない。

そういう人は多いと思います。

私は整体師として、多くの方に運動の重要性をお伝えしてきましたが、実行に移せずに苦労している方も多くいらっしゃいます。
一方で、私自身も若いころから運動を趣味として来ましたので、楽しみながら体を動かしている人たちとも多く交流しています。

運動が習慣化できない人たちは、運動に対して苦手意識がある方が多いです。
苦手意識をそのままにして、「身体に良いから」という理由だけで自分にムチを打って運動していたのでは、習慣化することは出来ないでしょう。

運動に苦手意識を持っているのは、子供の頃に出来上がってしまったセルフイメージによるものです。
体育の時間にいつも劣等感を感じていた人は、苦手意識を持っているケースが多いです。

体育と健康のために行う運動は、根本的に違います。
健康のために、自分のためにやる運動は、そもそも人と比べる必要はありません。

「体育」は、「身体を育てる」、と書きますね。
育てるわけですから、出来ないことを出来るようにする。つまり、トレーニングです。
トレーニングはある程度、負荷が強くなければ意味がありません。
運動をするというと、負荷を掛けなければいけないと思っている方も多いですね。

ところが、健康のための運動というのは、負荷をかける必要はありません。
気持ちの良いレベル、軽く体を動かして、凝り固まった体が緩む程度の運動で十分なのです。

「運動すると気持ちが良い。」という感覚を体験していただきたいと思います。
「健康のために運動をしなければいけない」という意識では、続けることは難しいです。
「気持ちがいい」とか「楽しい」とか「疲れが取れる」といった、運動すること自体にメリットを感じないと続けられないと思います。

散歩に出かけて、公園で背伸びの一つでもして、深呼吸をして帰ってくる。
外の新鮮な空気を吸いに出かけるくらいの気持ちで始めてみましょう。

運動する時間帯は、いつでも結構です。
自分の生活習慣に合わせて、運動をしやすい時間を見つけましょう。

毎日しなければいけないと考えると、ハードルが上がって始められません。
週に一回程度で構いません。
始めてみることが肝心です。

体調が悪かったり、天気が悪かったり、気分が乗らないときには、サボっても構いません。
サボっても良いものなんだと思ってください。

サボってもいいから止めない。

そう思うことが、続ける秘訣です。

cfde35e1737d5cef44b6c9c5da04c4af_s

運動が始められない、または、続けられないという人は、いきなり高いハードルを飛ぼうとしているのです。
出来るところから少しずつ始めてみましょう。
そして、身体が喜んでいる感覚を感じてください。

身体が喜んでいる感覚を味わうことを目的にすれば、運動自体が楽しみになってきますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする