サボってもいいからやめない

もうずいぶん前の事になりますが、新聞の投書欄に大変面白い話が載っていました。

その投書をした方は、もう何十年もウォーキングを続けているという方で、自分でもこんなに続くとは思っていなかったと書いていました。
何をやっても中途半端で終わってしまうのに、ウォーキングだけは続けてこられた。
その秘訣は、続けようとしなかったことだ。
毎日やらなければと思うと、それが重荷になって続かない。
何度もサボったけれども、そこでやめないようにしようとしていたら、結果的に今でも続けていられると。

この話を読んで、なるほど!と深く感銘を受けました。

私は整体師なので、運動について相談を受ける事があります。

運動をしようと思っているけれど続けられない。
毎日運動するのは無理だ。
何事も三日坊主で続かない。

そう訴える人が結構います。
運動は毎日しなければいけない、と思い込んでいる人が多いのです。

今まで運動らしい運動をしてこなかった人が、いきなり毎日運動したら、疲れ果ててしまうかどこか痛くなって当たり前です。
三日もやったら、身体が、止めてくれ!とサインを出すに決まっています。
そういう時には、休むこともまた必要なのです。

天気が悪い日もあります。
体調が悪い日もあります。
忙しくて時間がない日もあります。
どうしても運動出来ない日というのがあるのが普通です。

始める前から、毎日運動するなんて無理だといってやらないのは、出来ない理由を考えているだけにすぎません。

続けようとするから続かない。
サボってもいいからやめなければ、長い間続けることができる。
そう考えて、とりあえずやってみるというスタンスは、とても参考になります。
心理的なハードルを下げて、すーっと始めてしまえばいいのです。

これは運動に限らずに、ダイエットや、その他の良い生活習慣を身に付けることすべてに通じると思います。

私も趣味でランニングをしていますが、決して毎日走っているわけではありません。
体調やお天気と相談しながら、その日走るかどうかを決めています。

それでも、走り始めて5年が過ぎました。
それこそ、サボりながら細々と続けているのです。

走り始める前と比べれば、格段に体調が良くなっていますし、体力もついています。
それに伴って、気力も向上し、何事にも前向きに取り組めるようになりました。
自分の感覚としては、今のほうが若く感じます。

de7171c01b68bbd8d8bcd8d77d94b7de_s

サボってしまったときに、「ああ、サボってしまった。自分はダメなやつだ。」と自分を責めずに、「まあ、こんな日もあるよね。」と受け入れてしまう方が気が楽です。
そう考えることで余計なストレスを抱えることなく、その後も続けることができるのです。

真面目な人ほど、続けなければいけないと考えがちです。
でもそれは心理的なハードルを上げてしまって、結果的に自分を苦しめるだけだと思うのです。

サボってもいいからやめない。
今では、私の座右の銘になっています(笑)

新聞の投書欄からとても大切なことを教わった気がしました。