肥満は感染する!

このブログでたびたび紹介している、スタンフォード大学の健康心理学者、ケリー・マクゴニガル氏の著書「スタンフォードの自分を変える教室」の中に、大変興味深い話が載っていました。
その内容は、以下のようなものです。

米国の疾病対策予防センターは、米国のすべての州における肥満率をはじめ、国民全体の健康状態の推移を長期間にわたって調査しています。
その調査結果によると、1990年には肥満率が15パーセント以上の州は一つもなかったのに、1999年には肥満率が20から24パーセントの州が18に、2009年には肥満率が20パーセントを下回ったのは、コロンビア州と首都ワシントンだけで、25パーセント以上の州が33にもなった、と報告しています。
この肥満が拡大していく傾向を受けて受けて、アメリカのメディアでは「肥満の感染」という言葉を使い始めたそうです。

ハーバード大学医学部のニコラス・クリスタキスとカルフォルニア大学サンディエゴ校のジェームス・フォーラーは、肥満がインフルエンザのように、人から人へと感染するのかを確かめようと、「フラミンガム心臓研究」のデータを詳細に調べました。この研究は、マサチューセッツ州フラミンガムの住民1万2千人以上を32年にわたって調査したものです。

クリスタキスとフォーラーが長期にわたる参加者らの体重の変化を観察した結果、まさに感染症のような実態が見えてきました。肥満は家族や友人のあいだで感染していたのです。ある人の友人が肥満になった場合、その人が将来肥満になるリスクは171パーセントも増加しました。姉妹が肥満になった女性の場合、本人が肥満になるリスクは67パーセント増加し、兄弟が肥満になった男性の場合、本人が肥満になるリスクは45パーセント増加しました。
さらに、フラミンガムの地域で広まっていたのは肥満だけではありませんでした。飲酒量が増えた人がひとり出ると、その地域では飲みに行く人や二日酔いになる人が激増しました。ところが、いっぽうでは自己コントロールが感染する証拠も見つかりました。一人が禁煙すると、その友人や家族も禁煙する確率が高くなったのです。
〈中略〉
つまり、悪い習慣も好ましい変化も、ともに人から人へウィルスのように感染するということ。そして、その影響を全く受けない人はいないということです。

多かれ少なかれ、私たちは他人の影響を受けています。
このことは、普段あまり意識をしていないかもしれませんが、言われてみれば思い当たる節はあるのではないでしょうか?

サラリーマンが憂さ晴らしに飲みに行って、愚痴や上司の悪口を言う。
さらに飲んだ帰りに、ラーメンを食べて帰ろうと言われれば、それが習慣になってしまう。
みんながやっていることならば、それが当たり前だと思ってそのことに疑問も感じません。

また別の人は、会社全体が残業が当たり前の雰囲気で、自分も残業するのは当然と思ってしまう。
いつも終電近くまで会社にいて、寝るのは午前2時。
朝6時に起きて、慢性的な睡眠不足を抱えている。
しかし、同僚もみんなやっていることだから、そのことに疑問を持つことはありません。

ところがある日、学生時代の友人に会ったら、残業を早々に切り上げて、飲みに行かずスポーツクラブに通っていると言う。
それを聞いて、それはいいことを聞いたと思い、自分もスポーツクラブに通うようになる。

こういう事は、ほとんどの人が思い当たることではないでしょうか?

もし、自分を変えたいとか、良い習慣を身に付けたいと思うのであれば、手っ取り早い方法があります。
悪い習慣を持つ人と距離を置き、良い習慣を持つ人と付き合うようにすればよいのです。
良い習慣を持つ人と接触すれば、まるでウィルスに感染したように、その良い習慣がうつってしまうのです。

ac4aecda3ead08e17c34984619748059_s

健康的な習慣を手に入れようと思ったなら、健康的な習慣を持つ人々と付き合えばよいのです。
仕事で成果を出したいと思ったら、仕事で成果を出している人々と付き合えばよいのです。
お金持ちになりたかったら、お金持ちと付き合えばよいのです。
自分にとって理想的な人がいたら、その人とお近づきになればいいのです。

自己啓発本や成功法則などにも書かれていることですが、「自分を変えたかったら付き合う人を変えろ」というのは間違いではないのです。

痩せたいと思ったら、太らない生活習慣を持つ人と付き合えばよいのです。
そういう人と一緒にいたら、ケーキの食べ放題とか、飲んだ後のラーメンに誘われることは無くなります。
その代わりに、ハイキングやサイクリングに誘われるかもしれません。
そうなれば、痩せることは簡単にできるでしょう。

あなたの悪い習慣は、どこで感染したのでしょうか?
そこのところを考えてみるのもいいかもしれませんね。