うつ病は整体で治るのか

私は、【ココロとカラダの整体師】と名乗っています。
その理由は、「心身は表裏一体であって、必ず影響しあっている」ということを、多くのクライアントと接していく中で実感しているからです。

また、私自身が過去にうつ病を経験し、それを克服してきたという経緯があります。

うつ病の辛さは、筆舌に尽くしがたい辛さです。
生きていくには避けて通れないこと、例えば、働くこと、外出すること、人と会うこと、食事をすること、風呂に入ること、そういったことがすべて辛い。
しまいには、呼吸をすることすら辛く感じてきます。
生きていく限りは、この辛さが永遠に続くのかと考えると、自分はこれ以上生きていけないのではないか、とすら思えてきます。
もちろん、その辛さが永遠に続くことは無いのですが、この感覚は本当に苦しいものでした。

当時はまだサラリーマンでしたので、苦しいながらもなんとか会社には行っていました。
所用があって、新宿の雑踏の中を歩いている時のことでした。
多くの人の波にもまれているときに、ふと、「ここで自分が一人くらい消えてしまっても、誰も気が付かないんだろうな」という感覚が襲ってきました。

けっして「死にたい」と思ったわけではありません。
しかし、自分の存在自体が急に薄くなったような感覚がありました。
「このままでは本当に消えてしまうかもしれない。」
そんな恐怖感すら覚えました。

「この感覚はなんとかしなければいけない。」

そう思った私は、その時たまたま目の前にあった整体院に飛び込みました。
気持ちよい整体を受けた後、自分の感覚が元に戻っていることに気が付きました。
「これで消えなくて済む。」
そう思って、安堵したことを覚えています。
整体のパワーを感じた出来事です。

もちろん、整体を受けたからと言って、うつで苦しむ人がすっきりと治ってしまうということはありません。
しかし、生身の人の温かさ、スキンシップ、施術の気持ちよさ、身体が楽になることなどで、気持ちが楽になることは、うつを克服していく上でとても重要なことだと思います。
また、辛い自分の気持ちを吐き出すことも、その辛さを軽減させるのです。

うつ病は心身の極度の疲弊です。
疲弊した心身を休めることがとても重要なのです。
この、心身の疲弊から回復していく過程で、整体を受けることはとても良いことだと思います。

うつを完全に克服するためには、なぜそこまで疲弊してしまったのか、その原因を追究する必要があります。
その原因を取り除くことができなければ再発する危険があります。
うつ病が治りにくい、再発するのは、その原因が取り除けていないからです。

うつ病の原因になるものは、じつにさまざまです。
過酷な労働環境である場合もあります。
人間関係かもしれません。
また、本人のパーソナリティやモノの受け止め方かもしれません。
食事をはじめとする生活習慣が原因かもしれません。

原因によっては、改善しやすいものもあれば、しにくいものもあります。
それによって、治りやすい場合と、治りにくい場合があります。

8e845d36ee8dd5a65b8612366b724166_s

整体がうつ病を治すのではありません。
薬を飲んでいれば治るというものでもありません。
本人が積極的に治そうとしない限り、治るものではないのです。

しかし、整体はうつと向き合うための一つのツールとしてはとても強力です。
身体が楽になる、気持ちよい感覚を味わうことは、とても良いことなのです。

私は整体師として、カウンセラーとして、そのお手伝いをしています。

うつ病を経験した私としては、あのような苦しい思いをしている方のお役に立ちたいと思っていますし、そういう人を減らしたいと思います。
また、うつ病予防にも力を入れていきたいと考えています。