10年後もスリムでいるために

あなたはなぜ痩せたいのだろう?
ダイエットをする目的は何だろう?

もしあなたがこれまでの不摂生を反省し、10年後も健康でいたいと願い、そのためにダイエットをしようとしているのならば、生活スタイルを変える必要があります。
生活スタイルを変えるには、これまでの人生で染みついてしまった考え方(価値観)を変えていかなければいけません。

価値観を変えずに行動だけを変えようとしても、その行為は苦しいだけで長続きすることは無いでしょう。

例えば、「満腹まで食べるのが幸せなことである。」という価値観を持っていると、腹八分で抑えることは苦痛を伴います。
このようなことを10年間も続けることなどできないでしょう。

甘いものは大好きだけど、痩せるためには我慢しなければいけない。
揚げ物はダイエットの敵だから、絶対に食べてはけない。
運動は苦しいけれど痩せるためにはやらなければいけない。
本当はこれまでの不摂生な生活が楽でよかったのになあ。

このように思っていては、続けることは難しいですね。

価値観が変われば、自然と行動が変わります。
行動が変われば体型が変わります。
そうして、苦も無く健康的な体型を維持することができるようになります。

その根本を変えずして、我慢のダイエットをしていたのでは10年も続けることは出来ないでしょう。
いずれ元の生活に戻ってしまい、リバウンドすることは間違いありません。

ダイエットで失敗する人は、ここの根本が間違えているのです。
これまでの価値観を引きずったままダイエットをするので、継続することができないのです。

世間に流れているダイエット情報は、この価値観の問題を無視した表面的な方法論ばかりです。
これではうまく行くわけがありません。

11853d32582e2b96b1fb5127baa68c7c_s

あなたが痩せられないのは、「不摂生な生活が楽ちんで、楽しくて、快適だ。」という価値観があるからです。
この快適な場所を、コンフォートゾーンと言います。
これまでの自分を変えようと思ったら、自分にとってのコンフォートゾーンを変える必要があるのです。
今いる場所がコンフォートゾーンでなくなれば、新たなコンフォートゾーンに移動していくのは自然な事なのです。

美味しいものとお腹いっぱいに食べて、苦しい運動もせずにいられる今の場所に居心地の良さを感じているなら、痩せることは出来ません。
腹八分に抑えて、適度な運動をして、健康的で身軽な身体を維持する生活に居心地の良さを感じるなら、痩せることなど簡単な事なのです。

あなたはなぜ痩せたいのだろう。
どうして痩せられないのだろう。

この問題について、自分とよく向き合ってみることをお勧めします。
そこに痩せるヒントが隠れているからです。

10年後もスリムでいるためには、生活スタイルを変える必要があります。
そのためには、価値観を変える必要がある。

まずはそこがスタートなのです。