脳を健康に保つためには

脳がとても大切な臓器であることは、いまさら説明をする必要はないでしょう。
脳は身体の司令塔であり、脳が機能不全に陥れば、身体も機能不全に陥ることになります。
人間には(生命体には)自然治癒力があり、この自然治癒力についても、脳の関与するところはとても大きいのです。

このブログでも何度も触れてきましたが、今後日本は超高齢化社会に突入します。
今から40年後には、65歳以上の人口が全体の約40%にも達すると予測されています。

この予測は、今後、出生率が大幅に改善するか、移民を受け入れるようにならなければ、ほぼ間違いなく現実のものになります。
この時に、ひとりでも多くの高齢者が健康を保っていられるようにすることは、ても大切な問題だと思います。

高齢者になっても健康でいるためには、脳の健康がとても大切です。
認知症および脳卒中の後遺症による高次機能障害は、介護をする側の負担を大きくします。
これから高齢者となる、私たち一人ひとりが、この問題の当事者になるのです。
今から、脳の健康のために出来ることをやっておく必要があります。

では、脳の健康を保つにはどうすればよいのでしょうか。
まず考えなければいけないのは、脳の疲労を回復させることです。

現代は、頭脳労働をする人がとても多いのが特徴です。
身体は動かさずに、脳ばかりを使っています。
このような生活をしていると、脳ばかりが疲労してしまいます。

脳の疲労を取るには、二つの液体の循環が大切であることが解っています。

ひとつは血液です。
血液はご存知の通り、脳の細胞に必要な酸素や栄養素を供給しています。
脳の血流を良くするには、全身の血流を良くすることが必要です。

特にデスクワークをしている人は、長い間椅子に座っていることで、重力の関係で脳とは反対の足に体液が溜まってきます。
終業近くになると足がむくむのはこのためです。

脳とは反対側に体液が溜まっているわけですから、当然のことながら、脳に回る血流は少なくなります。
この問題を解消するには、足の筋肉、特にふくらはぎの筋肉を動かして、足に溜まった体液を押し上げる必要があります。
足の筋肉にはこのような働きがあるため、「足は第二の心臓」と呼ばれるのです。

もう一つの液体は、脳脊髄液です。
脳脊髄液は、脳と脊髄を覆っている3層の髄膜の間を循環している液体です。
この液体の健全な循環が損なわれると、脳と脊髄の働きがおかしくなると言われています。

脊髄は、背骨の後ろ側にある脊柱管という部分に収まっているので、脳脊髄液の循環は背骨の状態に影響を受けます。
背骨の下にある仙骨という三角形の骨と、脳がおさまっている頭蓋骨が連動して動くことによって、脳脊髄液の循環を引き起こしています。
何らかの原因で、仙骨及び頭蓋骨の動きが制限されれば、この循環が損なわれ、中枢神経の働きに影響が出ると考えられています。

このメカニズムに関しては、まだ科学的に解明されているわけではありませんが、オステオパシーやカイロプラクティックといった手技療法の世界では、100年以上も前から研究されている分野です。
カイロプラクティックが背骨のゆがみに注目をするのは、背骨は中枢神経と密接な関係を持っているからです。

さらに、脳の疲労を回復させるのに大切なのは「睡眠」です。
睡眠不足は脳の健康にとって大敵です。

忙しい人は、つい睡眠時間を削って活動しようとしますが、効率の良い、質の良い仕事を、長い間続けようとするならば睡眠を削ってはいけません。
睡眠時間は良い仕事をするためには必要な時間であると認識して、優先的に確保してください。
そして、そのほかの起きている時間をどのように効率的に使うかを考えることが大切なのです。

また、良質の睡眠をとるためには、背中のハリや肩こりを解消することが大切です。
筋肉が緊張した状態では深い眠りを得ることができずに、脳の疲労を十分に解消することができません。

28f9f2e92b4a7ed8e6c721f8ddd64ad5_s

以上のことから、脳の健康を保つためには、バランスの良い食事と、適度な運動、背骨の状態を良くする姿勢、良質な睡眠が必要になることがわかります。
また、適度な運動と良質な睡眠は、ストレスの解消にも効果的です。

これらを実現するために、整体を定期的に受けることは、とても良い方法だと思っています。
整体は、腰痛や肩こりなど、身体の痛みをとるために受けると思っている方も多いかと思います。
しかし、整体の真骨頂は脳の疲労を取ることにあると、私は考えています。
整体を受けることで、全身の血行が改善し、脳脊髄液の循環が改善し、リラックスできて、睡眠も改善します。

そのために、心地よい、心からリラックスできる優しい刺激を研究してきました。
激しい痛みを与えることなく、心地よく身体を整えていくにはどうすればよいか。
それが私の、整体師を目指した頃からの、一貫した姿勢です。

今後ますます、脳の健康が重要視される時代が来ます。
私たち一人ひとりが、そのことを心にとめておかなければいけないと思います。