目標を持つことの大切さ

皆さんは人生において、これは成し遂げたいと思うような目標を持っていますか?

例えば、どこかに出かけようとするとき、ぶらぶらと散歩する以外は、必ず目的地があります。
まず目的地があって、そこから現在地を逆算して、ルートを選択して、そのルートをたどって目的地に到達します。
目的地もなく出かけることはほとんどありません。

「どこに行くのですか?」と聞かれて、「わかりません」と答える人はいないでしょう。

ところが、人生においては、明確な目的地を持っていない人がほとんどなのではないでしょうか?
「いったい自分はどこに向かっているのだろう?」と思いながらも、日々の生活に追われて、そんなことを考えている場合ではない、と思っている人もいるのではないでしょうか。

そうして、目の前に分かれ道が現れるたびに、安全な(と思われる)方を、楽な(と思われる)方を選択し、気が付いたらなんでこんなところに来てしまったのか、と思うことになるのです。

もし、明確な目標があれば、そこから逆算して、どのルートを通ればそこに近づけるのか、そのためには今何をすればいいのかがわかります。
たとえその道が険しい道であっても、乗り越えるにはどうすればいいか、別のルートは無いか、と考えることができます。

どこかに出かけるときには目的地を持つのが当たり前なのに、人生に目的地がないのは変だと思いませんか。
たった一度の人生なのに、そんなことでいいのでしょうか?

昨日、面白い本を読みました。
「億万長者」思考 稲村哲也著 日本実業出版社

その中に、目標を持つことがいかに大切かを表すエピソードが載っていました。

ブライアン・トレーシーの知人でもあるマーク・マコーミックという人が、ハーバード大学MBAコースの卒業生に、ある調査をしました。
「未来について明確な目標を書き、それを達成するための計画を立てているか?」
という質問を書いた紙を配ったのです。
イエスと答えた学生は全体の3パーセント。
「目標はあるが書き出していない。」と答えたのは13パーセント。
目標なしの学生は、84パーセントでした。

10年後にこの学生たちを調査したところ、
目標はあるけれど書き出していないと答えた13パーセントの学生の年収は、目標なしと答えた学生と比べて約2倍だったそうです。

では、目標を書きだしていた3パーセントの学生の平均年収は、残り97パーセントの学生に比べてどれくらいだったと思いますか?
なんと、約10倍だったというのです!

目標をもって日々を過ごすことの凄さを、まざまざと感じさせるエピソードですね。

もちろん、金持ちになるだけが人生の目標ではありません。
しかし、何も考えずに目の前のことに追われるのと、常に目標を意識しているのとでは、おのずと行動が変わってくるのです。

名著「思考は現実化する」で有名なナポレオン・ヒルも、成功の6カ条の第1条に、「あなたが実現したいと思う願望をはっきりさせること」と書いています。
つまり、人生において何を成し遂げようとしているのかをはっきりさせることが、とても大切な事なのです。

10609559_719221988155042_4346472612931926242_n

私はこれから、スタイリッシュ・エイジングという考え方を、世に広めようと考えてます。
多くの人に、「スタイリッシュに歳を重ねる」という目標を念頭に置いて生活をしてほしいからです。
この目標があることで、人生に一本筋が通って、怠惰な生活になりにくく、健康を維持できると思うからです。

「健康的に生きる」だけではインパクトに欠けるし、ワクワク感がありません。
スタイリッシュであることを目指すことで、日々の生活にワクワク感が生まれ、運動もダイエットも継続できるのではないかと考えるからです。

ワクワクと、美しく歳を重ねる人が増えれば、超高齢化社会も怖くないのではないかと考えています。

さて、皆さんの達成したいことは何ですか?
今からでも何か目標を持つことをお勧めします。

そうして、その目標に向かって歩きはじめるだけで、人生が充実したものになると思います。