”今”を充実させよう

私は、今でこそ整体院を経営して、のんきに自由に生きていますが、若いころはサラリーマンをしていました。
私が育った時代というのは、高度経済成長期で学齢社会の真っただ中。いい大学に入って、いい会社に入って、定年まで勤めあげて、退職金をもらって引退して、のんびりと老後を暮らす。それが良い人生だという考え方が主流でしたし、私もそう思っていました。

サラリーマン時代は理不尽なことが多く、ストレスもたまります。
それでも、それはいい人生のためには我慢しなければいけないこと。
酒でも飲んで、愚痴を言い合って、慰め合って乗り切るものだと思っていました。
みんなそうしているし、それが当たり前だと。

ところがある時、一緒に仕事をしていた業者さんが突然交通事故で逝ってしまいました。
彼には奥さんと2歳の娘さんがいたのですが、その奥さんと娘さんも一緒に逝ってしまったのです。

昨日まで一緒に働いていた人が、今日はもういない。
私はこの時、”人生はいつ終わるかわからない”という事実を突きつけられたのです。

豊かな未来のために、今を我慢する。
でも、その未来は本当に来るのかどうかわからない。
我慢している最中に人生が終わってしまったら。。。

その時に思ったのです、結局は今が大切なんだって。
遠い将来ではなく、今を大切に生きることが、豊かな人生を作るんだって。

”今”を充実させる。
充実した”今”の積み重ねが、充実した人生になるのです。

いつやるの?
今でしょ!

というフレーズが流行りましたが、まさに今が大切なのです。
そのことに気が付いた私は、我慢だらけのサラリーマン生活に別れを告げました。

もちろん、サラリーマンが良くないと言うつもりはありません。
今が充実しているかどうかが問題なのです。

今を充実させるには、好きなコトをやることが大切です。
やりたいと思っていることがあるなら、今から始めましょう。
いつかやろうと思っていると、その”いつか”は来ないかもしれないのですから。

0e5e81108ec7006145810f32f4426e4a_s