自分の感覚を大切にしよう

現代は情報化社会です。
インターネットも発達していて、何かわかないことがあれば、グーグル先生が教えてくれます。

しかし、ネットの情報は玉石混交で、それが正しい情報なのかどうかわかりませんね。
健康情報は特に怪しげなものも多く、かえって混乱するという方も多いのではないでしょうか?

身体のことについては、個人差が大きくて、一般論で書かれた情報が、はたして自分に合うかどうかわかりません。
そのため、自分の身体で試してみた結果、自分の身体がどう反応するかを見る必要があります。
他人が良いと言っていても、自分に良いかどうかわからないのです。
自分に合ったものをみつけるには、自分の感覚を大切にすることが必要になります。

このことは、なにもネットの情報に限ったことではありません。
どんな世界的権威が書いた本でも、どんな名医のアドバイスでも、自分の身体がダメだと言っているモノには従わないほうが良いと思います。

例えば、80%の人に効果が出たという治療法でも、自分が残りの20%(効果が出ない)グループである可能性は否定できません。
それを判断するには、自分の身体に聞くしかありません。

全然効いている感じがしない、と言いながら薬を飲み続けている人がいます。
むしろ、かえって副作用のほうが辛いと思いながら、飲み続けている人さえいます。
これはどうなのでしょうか?

私は、風邪を引いた程度なら、病院には行きません。
なぜなら、これまで病院に行って薬を飲んで、風邪が早く治ったという経験がないからです。
薬を飲んでも、効いているんだかどうだかよくわからないのです。

さらに、人生とか、心の問題になると正解はありません。
ネットを見ても、本を読んでも、人に訊いても、自分の人生を教えてくれる人はどこにもいません。
結局は、自分の心と向き合い、対話し、自分で選択していくしかないのです。

e6fdbe6be200007ea89d3107b4dad552_s

身体は常に、色々なサインを出しています。
ところが、そのサインを読み取ろうとせずに、または、従おうとせずに、知識や情報を求めてしまう人がいます。
身体や心が出しているサインを敏感に読み取ることが出来れば、身体は健康になるし、人生は楽しくなります。

外からの情報はもちろん大切ですけれども、それに振り回されてしまっては、幸せになることはできません。
それは参考程度にしかならないのです。

本当に読み取らなければいけないのは内からの情報なのです。
身体の声、心の声を聞かなければいけないのです。

身体の声、心の声に耳をかたむけ、それに従って生きていく人は、スタイリッシュだなあ、と思います。
スタイリッシュ・エイジングって、そういうことじゃないかなあ。