粋に生きていこう

私はこれから、スタイリッシュエイジングという言葉を流行らせようと思っています。
これは本気です。

一日に一回、できれば何回でもいいので、
「自分はいま、スタイリッシュに生きてるかな?」
と思ってほしいのです。

それだけで、なんだかスーッと背筋が伸びるような気がします。

整体師として、多くの人を健康にしようと思ってきたのですが、「病気にならないように、健康に気をつけましょう。」というだけでは、なんだかつまらない。
もう聞き飽きたし、人生自体が楽しめないような印象があります。

人生をもっと楽しみたい。
健康のことばかりを考えていたら、楽しみも我慢することになりかねない。
そうなってしまったら、本末転倒なんだよなあ。

長生きをするために、やりたいことがあるのに我慢してしまうようだと、何のための長生きなんだと思ってしまうわけです。
それはちょっと違うんじゃないかと。

「やりたいことをやるために、イキイキと生きていくために、健康であり続けよう。」
と考えるのが理想であって、
「病気を避けたり、ただ長く生きるために、やりたいことも我慢して無理をせずに。」
というのは違うなと。

長い間、漠然とではあったけれど、そんな風に思っていたところに、この「スタイリッシュエイジング」という言葉に出会ったのです。
この言葉を聞いた時に、自分の中でのモヤモヤしたものが、すーっと晴れるような思いがしました。

では、「スタイリッシュ」というのどういう意味なのでしょう。

英語のstylishの和訳は、
流行の、今どきな、洗練された、粋な
などがあります。

スタイリッシュエイジングの場合は、「粋な」というのがぴったりくる気がします。
では、「粋」とはどういう意味なのでしょうか。

goo辞書によると

いき【粋】
[名・形動]
1 気質・態度・身なりなどがさっぱりとあかぬけしていて、しかも色気があること。また、そのさま。
2 人情の機微、特に男女関係についてよく理解しえいること。また、そのさま。
3 花柳界の事情に通じていること。また、花柳界。

ようするに、「スタイリッシュエイジング」とは「粋な人になること」または「粋な人生を歩むこと」ではないかな、と思うのです。

どのような人生がスタイリッシュかというのは、人それぞれだと思います。
その人なりのスタイリッシュがあって良いのだと。

要するに、「自分が納得する人生を歩くこと」じゃないかなと思います。

ac4aecda3ead08e17c34984619748059_s

私の目標は、スタイリッシュな人を集めてコミュニティを作ること。
そういう人たちに触れることで、お互いにいい刺激を与えながら、みんなでスタイリッシュに粋になっていくこと。

それが結果的に、ココロとカラダを健康にしていくのです。

私の夢は、幸せな人を増やすことです。
スタイリッシュエイジングは、その旗印として素晴らしいと思っています。

みんなで「スタイリッシュ」で「粋」な人生を歩きませんか。