生涯現役のススメ

私は自営業なので、定年退職がありません。
自営業の良さは、この点にあると思っています。

自営業は、サラリーマンに比べて収入が安定しません。
そこは、覚悟をして独立したのですから仕方がありません。

しかし、定年がないというはとてもありがたい。
いくつになっても働いていられるし、社会貢献ができるのです。
これは素晴らしいことだと思っています。

日本人の平均寿命は、とても長いですね。
日本人の平均寿命は、女性が86.8歳、男性は80.5歳(2015年)です。
60歳で定年したとして、その先がまだ20年以上あります。

20年も働かず、しかも子育ても終わっている身としては、何もすることがない。
収入は年金のみで、貯金を切り崩しながらの生活。
さらに良くないことに、年金制度も医療保険制度もいつ崩壊するかわからないという超高齢化社会となります。
収入の面からも、20年間働かずにいるというのは、難しい話ですね。

じつは、定年の年齢が55歳だったころ(1950年代)の、日本人男性の平均寿命は65歳程度でした。
20歳から55歳まで35年間働いて、老後は10年という人生設計だったのです。
ところが、そのころからすると平均寿命が15年も伸びてしまった。
定年の年齢が60歳になったとはいえ、老後は20年と、その当時の倍になってしまったのです。
これはどう考えても無理がある話なのです。

また、生きがいとか充実感という、ココロの満足感から見ても、20年間仕事をせずに生きていくというのは難しいのではないかと思います。
昨日のブログにも書きましたが、健全に生きていくには、社会に対して貢献できているという充実感が必要なのです。
もちろん、ボランティア活動でも構いませんが、何かしらの社会貢献をしていくことをお勧めします。

自分がやらなければいけないことがある。
自分は必要とされている。
一日でも長く、社会貢献をしていきたい。

そう思うことで、健康にも気を遣うようになります。
健康でいなければ、社会貢献をすることが出来ないからです。

サラリーマンとして忙しい毎日を送っている方にとって、趣味三昧の生活にはあこがれるでしょう。
しかし、少しやってみると解りますが、案外退屈なものです。
退屈な生活は刺激が少なく、心身ともに急激に衰えていきます。

1f204045b9b55e1c32391312fe22f39d_s

どうせ仕事をするならば、好きなコトを、やっていて楽しいと思える仕事をしましょう。
思い切って、起業を考えてみても楽しいかもしれません。
自分の好きなこと、得意なことを生かして、リスクを少なくして収入を得る方法を考えるのは、頭の体操には最高です。
効果がはっきりしない脳トレなんかよりも、ずっと効果があるでしょう。

生涯現役を目指すことで、イキイキとした人生を送ることが出来ます。
イキイキと生きることこそが、幸せな人生なのではないでしょうか。

私は生涯現役でいるつもりです。
いくつになっても、イキイキとしていたいのです。