自信がないってもったいない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

私は自分で店を出して独立してから今年で13年目になります。
この13年間でのうちには、たくさんの印象深いお客様に出会ってきました。

ある時、30代前半の美しい女性がやってきました。
若い頃は、展示会などのコンパニオン、私の店に来た頃は、どこかの企業の受付をしているとのこと。
たしかに、そういう華やかな雰囲気を持っている人でした。

その方は腰痛に悩んでいました。
普段は会社のそばの治療院を転々としているそうで、それでもしばらくすると痛くなるとのこと。
そこで、家のそばの私の整体院にも来てみた、というのです。

その時、私はいつも通りの施術をしました。
その方は、気持ちよかったと言って帰っていきました。
しかし、そのお客様はその一回だけで、その後通ってくるということはありませんでした。

それからちょうど一年後、再びそのお客様がやってきました。
その時に彼女がこんな話をしてくれました。

「先生、私、この一年間、どこにも(どの治療院にも)行っていないんですよ。
あんなに頻繁に腰が痛くなってあちこち行っていたのに、一年も行っていないなんて自分でも信じられません。
私、本当にいろんなところに行ったんですよ。
芸能人が通っているという評判の、一回2万円の所にも行きました。
でもね、私が行ったなかで、先生が一番うまかったです。」

この話を聞いたいときは、本当にうれしかったですね。
そのことをわざわざ言いに来てくれたことに、本当に感謝しました。

その話を聞いて、私がどんなことを思ったか。
「そうか、私もやりようによっては、一回2万円で出来るということだな。」
と。

しかし、なぜか「でも、私にはできないな。」と思ってしまったのです。

なぜできないと思ったか。
それが良くわからないのです。

もちろん、色々なことを考えたのだと思います。

「これまでのお客様は来なくなるだろうなあ。」
「ここ、東大和では無理だよなあ。」
「集客方法が良くわからないなあ。」
「自分にそんなことが出来る自信がない。」

というようなことが、頭の中を一瞬でかけめぐり、反射的に「私には出来ないな。」という判断を下したのだと思います。
要するに、反射的に「出来ない理由」が頭に浮かんだということです。

その根底にあったのは、「自信の無さ」です。
私には若い頃から「自信の無さ」がつきまとっています。

冷静に振り返れば、学生時代にも、サラリーマン時代にも、この女性のように私を高く評価してくれる人は沢山いました。
それでも「自信がない」という問題が常につきまといました。

これは、小さな子供のころに自分が選択してしまった自己イメージなのだろうと思います。
そして、そのイメージにはおそらく根拠がないのです。

私がもし「自信がない」という自己イメージを持っていなければ、今頃は都心に店を出して、一回2万円で施術をしているかもしれません(笑)
まあ、本当にそうしたかどうかはわかりませんが、少なくとも、その可能性をもっと具体的に検討したんじゃないかと思います。

22317cc436a703b95750ab2180283a9e_s

私のように、「自信がない」という問題を抱える人は沢山いるのではないでしょうか。
それは本当にもったいないことだなあ、と思うのです。
精神的な問題を抱え込みやすくなりますし、人生を大きく変えてしまいます。

客観的に評価してくれる、他人の評価を信じましょう。
なぜなら、自分の価値を決めるのはいつでも他人だからです。
あなたに仕事を依頼する人、お金を払う人は、みんな他人です。
あなたの仕事、あなたの収入を決めるのは、会社であり、上司であり、お客様であり、すべて他人なのです。

高く評価されることがあったら、それを素直に受け取って、自分には価値があるんだと思いましょう。
「自信がない」という思いが頭をもたげてきたら、自分を高く評価してくれた人のことを思い出しましょう。
「自分には価値がある。能力がある。」と自己暗示を掛けましょう。

この問題は、人生を左右する重大な問題です。
私も常に、この問題を向き合っています。
あきらめずに、この問題を克服しましょう!