疲れたら休むしかない

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

疲れて何もしたくないときにはどうすればいいのか

もう疲れた。
何もしたくない。

そんな時は誰でもあると思います。
相当お疲れのようです。

そういう時は、休むのが基本です。
疲労感は、休んでほしいという身体からのサインです。

もし、そんな状態が長い間続ているのであれば、深刻な状態かもしれません。
何らかの手を打つ必要があります。

疲れた体に鞭を打てば壊れてしまう

疲れた体に鞭を打つことが「頑張る」事だと思っている人もいるかもしれませんが、それは「無理」をしているにすぎません。

「無理」続ければ、やがて身体は悲鳴を上げて、どこかが壊れてしまいます。
身体に出ることもあるし、メンタルをやられることもある。
身体には異常が無くても、メンタルがやられてしまえば動くことはできません。

これはもう、壊れてしまったのと同じです。
一度壊れてしまうと、修復するのに時間がかかります。
どんな壊れ方をしても、時間がかかるのは同じです。

これを避けるためには、疲れたら休む、これしかありません。

休むのも「頑張る」の範囲内

筋力トレーニングなどは、痛めつけた筋肉を休めることによって、その回復過程で強くなっていくことが分かっています。

回復させるから強くなるのです。
つまり、休めることもトレーニングの一部なのです。

何のために鍛えるのかといえば、自分の能力をアップさせて、良いパフォーマンスをするためですよね。
それを頑張るというのです。
疲労困憊の状態でいいパフォーマンスは出来ません。

つまり、休むことも頑張るに含まれるのです。
いい結果を残すために休むのです。

疲れたら休むしかない

結局、疲れたら休むしかないのです。
それ以外の方法はありません。

メンタルもフィジカルもしっかりとケアをして、良いパフォーマンスが出来る状態を保つ。
つまり、コンディショニングをしっかりとやることも、頑張ることなのです。

さて、これをお読みのあなたは、自分を大切にしていますか?
疲れた体に鞭を打つことが「頑張ること」だと誤解していませんか?

疲れたら十分な休みを取って、疲労を回復させてください。
それがあなたのパフォーマンスを引き出す方法で、それこそが頑張るということなのです。

渕脇の施術を受ける

私の施術とカウンセリングを受けたい方は、ぜひ、東京都東大和市のあおぞら整体院にお越しください。

また、東大和市は遠い!という方は、都心でも受けられます。
カウンセリングだけなら、オンラインカウンセリングも受け付けています!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

カウンセリングセミナー

各種セラピスト、接客業、営業職、教育に携わる人、子育て中の人向けのカウンセリングセミナーを開催しています。
お気軽にお越しください。

セラピストのためのカウンセリングセミナーを開催します

無料メール講座

コンディショニングの基礎が分かりやすく学べる、無料メール講座【コンディショニング基礎講座(全7回)】を用意しました。

登録すると、7日間にわたりメールが届き、コンディショニングの基礎が学べます。
また、毎週月曜日発行の、公式メルマガ【ハッピーコンディショニング通信】にも同時にお申し込みができます。

無料「コンディショニング基礎講座(全7回)」のお申込みはこちら

著書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする