【学び】予祝で人生をハッピーにしよう! -第26回サードプレイスラボ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

サードプレイスラボに行ってきた

先日、2月28日(木)の夜は、友人の安斎輝夫さんが主宰する、第25回目のサードプレイスラボに参加してきた。

安斎さんのブログ
【サードプレイス】ブログ 私と一緒に人生を「拡張」しませんか

今回のテーマは、
「予祝で人生をハッピーにしよう! 〜予祝と笑顔の力であなたが変わる〜」

ということで、笑顔セミナー講師の柏谷早智子さんをお迎えして、「予祝」について学んで来たよ!

柏谷さんは、過去2回、サードプレイスラボで笑顔の講義をして頂いていて、本当に笑顔が素敵で、笑顔の魅力について分かりやすくお話をしてくれるとても素敵な方なんだよね。

僕は、「予祝」というのは、言葉は聞いたことあったんだけど、あんまり興味を持ったことは無かったんだ。
でも、柏谷さんにお会いできるのを楽しみに行ってきたよ。

柏谷早智子さんのブログ
笑顔が変われば人生が変わる!成幸を引き寄せる笑顔力

予祝ってなに?

このブログをお読みのあなたは、「予祝」って言葉、聞いたことある?
あんまりなじみのない言葉だよね。

意味は、読んで字のごとし、「あらかじめ祝う」ということ。

例えば、何か目標にしていることとか、夢とか希望とか、それがもうすでにかなってしまったこととしてお祝いをしよう!ということなんだよね。

前祝いとも言うかもしれないけど、前祝いよりはもっと願掛けに近いのかなあと勝手に感じた。

前祝いだと、もっと確実な未来というか、もうすでに予定されていることについてのお祝いのような気がするけど、「予祝」は不確実な未来なんだけど、そうなったらいいなあと強く思っていることを、より確実に引き寄せるためのもののようなニュアンスを感じる。

イメージトレーニングよりさらに強力

スポーツ選手などは、試合に勝つイメージを強く持つとか、自分が表彰台に上がるイメージをするとか、優勝インタビューを受けているところを想像するとか、そういう話をよく聞くよね。

こういうのをイメージトレーニングというよね。
予祝はこれに限りなく近い。

ただ、イメージトレーニングの場合は、自分の頭の中だけでイメージするんだけど、予祝はもっとすごい。

周りの人間も巻き込んで、実際にお祝いしていしまうわけだから、そのイメージする力というか、潜在意識の中に刷り込まれる力は、むちゃくちゃ強力だ。

だってそうでしょう?
一人でイメージしているよりも、みんなでイメージしているほうが強いし、実際に身体を動かして五感で体感したほうがい良いに決まっている。

はたから見てると、なんだか能天気な奴らに見えるかもしれないけど、潜在意識に良いイメージをインプットすることの重要性を考えると、これは馬鹿にできないよね。

特に、チームで何かを成し遂げようとしている人たちは、みんなでやったほうが良いかもしれない。
予祝しておけば、明確な成功のイメージを自分の中にインプットすることができる。

うーん、予祝恐るべしである。

予祝インタビューを実際に体験

予祝の一つの手法として、インタビューを受けるという手法があるとのこと。

何か叶えたい夢がある場合、それがかなったことにして、インタビューを受けるというもの。

柏谷さんがインタビュアーになって、参加者がそれぞれ、自分の夢がかなったとしてインタビューを受けるという体験をさせてくれた。

私も体験させてもらたんだけど、これがなかなか楽しい。
他の参加者もとても楽しそうだし、聴いているほうも楽しい。

そして、みんなが笑顔になるんだよね。
おめでとう~!っていう気分になる。

この予祝インビューは盛り上がった!

そして、いい気分で帰ることができるし、よーし、頑張るぞー!って言う気分になる。

こういう前向きな気分を作り出すことができるというのが、予祝の最大の効果なんだろうと思う。

人生はハッピーに過ごしたもん勝ち

僕は、人生って、ハッピーに過ごしたもん勝ちだと思っている。

眉間にしわを寄せて、歯を食いしばっているよりも、笑顔で楽しく過ごしたほうが良いに決まっている。

どんな過ごし方をしてもいいんだから、どうせなら楽しいほうが良いよね。

そういう意味でも、柏谷さんの笑顔といい、予祝といい、人生を楽しく過ごすための強力なメソッドなんだと感じる。

僕もこれから、予祝の力を大いに活用して、ハッピーな人生を送っていこうと思う。

今回も素晴らしい体験ができました。
柏谷早智子さん、やっぱり素晴らしかった。
ありがとうございました。

それから、いつもすばらしい体験をさせてくれる安斎さん。
ありがとうございました!