ただ気持ちいいことをする

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

本能に従おう

人間がまだ、野生動物だったころ。
なにが体にいい事なのか、解らなかったころ。
病気やケガから、どのように自分の身を守っていたのだろうか。

いや、むしろ、人間以外の動物が、自分の身を守るためにどんなことをするだろうか。
そう考えたほうが、分かりやすいかもしれません。

動物は、本能的に知っています。
病気や怪我にならないように何をすればいいのか。
もちろん、健康のために何をすればいいのか。

それを知っていなければ、厳しい自然環境の中で生き延びることは出来ないのです。

もちろん、人間にも動物としての本能があります。
しかし、大脳が高度に発達してしまった人間は、本能よりも知識を重んじる傾向にあります。

それが、いろいろとややこしい事態を引き起こしているのです。

気持ちいことをしよう

本能に従うということは、気持ちいいことをするということです。
動物が行動を起こす動機として、「気持ちがいい」というのは強い動機になります。

もし、気持ちがいいことが、その個体の健康を損ない、生命を危機にさらすようであれば、その個体はすぐに命を失うことになります。

それは、生命体としてはあり得ないこと。

気持ちがいいことをしていれば、個体として健康でいられるようにプログラムされていると考えるのが無理のない考え方です。

疲れたら休む。
病気にかかったら動かない。
身体を動かしたかったら動かす。
お腹がすいたら食べる。
食べるのが苦しいようなら食べない。
眠くなったら眠る。
寒かったら温まる。
暑かったら涼む。

つまり、身体のサインに従って生活をすることが、生き延びるということなのです。

気持ちいいことをすれば健康でいられる

気持ちいいことをたくさん取り入れるということは、身体のサインに従うということ。

もちろん、現代人は自分の気持ち良さだけを追求していくのは難しいのかもしれません。
でも、物事は、ゼロか1かのデジタル思考ではないはずです。
いろいろなことに折り合いをつけながら、「気持ちいいこと」を大切にすればいいのです。

身体が喜ぶことをしてあげれば、おのずと健康が手に入ります。

すなわち、私たちは、「健康でいるために何をすればいいのか」ということを、本能的に知っているのです。

その、知っていることに従えばいいだけなのです。

あなたにとって気持ちいいことは何ですか

さて、あなたにとって気持ちいことは何でしょうか。

充分な睡眠。
滋味あふれる食事。
適度な運動。
自然に触れること。
いい音楽を聴くこと。
いい香りを楽しむこと。
瞑想すること。
大切な人との触れ合い。
仲間との交流。

自分が気持ちいいと思うことを、気持ちいいと思う程度にやる。
それが、健康的で幸せな人生を作っていくのです。

ただ、それだけのことです。
気持ちいいことを、自分のためにやってあげましょう。