メンタルが疲弊している方へ―様々な方法に取り組んで欲しい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

諦めずに解決策を模索して欲しい

僕もかつてうつ病だったし、仕事でもうつ病の人の話を聴くことが多い。中には、本当につらい状態に陥っている人もいる。

でも、どんなにひどい状態でも、必ず解決策はある。
僕はそのことを、何度でも言いたい。

だから、出来ることは何でもやってほしい。

薬だけがただ一つの治療法ではない。
あらゆる角度から、全体的に調子を上げていくことがとても大切。

栄養状態を良くする

昨日のブログに、精神科医の藤川徳美先生の著書を紹介した。
そこには、栄養状態を良くすることで、精神疾患を改善する方法が書かれていた。

うつに効く食事法を勉強した 今日のブログも本の紹介。 精神科医の藤川徳美先生が書いた「うつ消しごはん」です。 藤川先生は、広島県廿日市(はつかいち)市で「ふじかわ心療内科クリニック」を開業されて...

運動の習慣を身につける

また、運動が精神疾患を改善するという報告もある。
運動を生活習慣に取り入れることによって、脳の働きが良くなるということが分かっている。

今でもそうだと思うけれど、私が子供の頃は知育偏重で、運動は勉強の邪魔になるという考えがありました。 運動は勉強ができない子供がやるもので、運動よりも勉強の方が大事だという考え方です。 ところが...

瞑想で脳の状態を良くする

また、今話題のマインドフルネスや瞑想も、脳の状態を良くすることが分かっている。

「瞑想」と聞いて、皆さんはどんなイメージを持つでしょうか? 瞑想は、とても宗教的なイメージが強いですね。 特に、仏教と深い結びついているイメージが強いです。 とくにオウム真理教の事件以来、瞑...

カウンセリングで思考を変える

そして、当然のことながら、思考方法やモノの見方、考え方を変えていくこともとても大切。
そこはぜひカウンセリングを受けてほしい。

どんなに絶望的に見える状況でも、かならず解決策はある。
諦めずに取り組んでほしい。

原因は一つではない

このように、いろいろな方法が提唱されている場合、どれが一番いいのか、と考えがちなのだが、そういう考え自体が間違えている。

どの方法も大切で、どれか一つだけで治そうとするのではなく、すべてを総動員すること。
そういう思考が大事なんだ。

なぜなら、メンタル疾患の原因は一つとは限らないからである。

私たちはつい、ある結果に対する原因が一つだけであると考えがちで、犯人捜しをしてしまうことが多々あるのだけれど、実際にはそんなに単純な話ではない。

メンタル疾患は、色々な原因が複合的に絡まっていることが普通なので、犯人探しをしてそれだけをたたくようなやり方では解決できない。

薬はあくまでも対症療法であるから、それだけでは問題は解決できない。
何年も薬を飲み続けていても、いっこうに改善しないという方は、あらゆる方法を取り入れてほしい。

ご連絡ください

私は、カウンセラーでもあり、整体師でもあり、トレーナーでもある。

カウンセリングでモノの見方を変え、運動と食事の指導もする。

全体的に体の調子を上げていって、その人の問題を解決していく。
そういう方向を目指している。

もし、メンタル疾患でお悩みの方は、諦めずに一度ご連絡をください。

もちろん、すぐに解決できるとは言わない。
でも、何らかの方法を一緒に考えたいと思う。

今は、インターネットを使って、対面のカウンセリングができる時代。
どこにいても、つながることはできます。

まずは、このブログのお問い合わせフォームを使ってメールを送ってほしい。
一緒に解決方法を探っていきましょう!