不安ってなんだろう

こんにちは。
カウンセラー整体師の渕脇です。

不安はネガティブな未来予想

不安感にさいなまれて、夜も眠れない、仕事や勉強が手につかない。
そんな事って、誰でもあると思います。

不安がなくなれば、どんなにいいだろうなあ、と思いますよね。
でも、「不安」って生きていく上ではとても大切なものだということをご存知でしょうか。

不安というのは、「ネガティブな予想」から起こります。

例えば、

病気になって働けなくなったらどうしよう。
失業して食べられなくなったらどうしよう。
家が火事になったらどうしよう。
子どもが不登校になったらどうしよう。
パートナーに嫌われて捨てられたらどうしよう。

などなど、ネガティブな結果を予測して、まだそうなっていないのに、あたかもそうなったような気がして、不安を感じているのです。

不安は生きていく上で必要な能力

ネガティブな予想をするというのは、危険を事前に察知する能力です。
恐怖とも通じるものがあります。

危険を事前に察知するというのは、とても大切な事なのです。
もし、この能力が無ければ、本当にまずい状況になるまで気が付かないということになってしまいます。
人間は、この能力があるからこそ、この地球上で生き抜くことが出来たのです。

ライオンなどの捕食者に遭遇しないように、自然災害から身を守るように、事前にその可能性を察知して対策をとる。
対策を事前に考えることが出来るように、不安や恐怖という感情が芽生えるのです。

不安を覚えるということは、今のうちに対策を考えておいたほうが良いのではないか、という危険を回避するための能力なのです。

不安は情報不足から起こる

漠然とした不安は、情報が少ないことから起こります。
状況が良くわからない未来について、その情報が不足してるからこそ、どうなるかわならないという不安が起こります。

このような時には、できるだけ具体的に考えていくことが大切ですし、できる限りの情報を集めることで、不安が解消されていきます。

情報が集まったら、その状況を回避するにはどうすればよいのかを、これまた具体的に考えればよいのです。
なぜなら、不安というのは危険を回避するためのものなので、その対策をとることが本来の目的だからです

情報を集めて、対策を考える。
そのための不安であり、それが不安を解消する手段となります。

不安を解消するには

私が考える、不安を解消する方法は、

1、考えられる最悪の状態を具体的に想定する。
2、そうなった時の対処方法を具体的に考える。
3、そうなった時のことを覚悟する。
4、その最悪の状態が起こる確率を考える。
5、そうならないための回避策を具体的に考える。
6、考えた回避策を実行に移す。

こういう手順を踏むことで、不安はかなり軽減します。

特に、漠然とした不安感を抱いている場合には、その不安が何なのかを具体的に考えるだけで、かなり不安が解消されます。
具体的に考えるときの必要になるのが情報です。
しっかりとした情報をもとに考えていくことが大切なのです。

不安を追い出す最高の方法

ここまでは、不安とは何か、どういう対処の方法が良いのかについて書いてきました。

しかし、こんな方法を吹き飛ばしてしまうような、もっと強力な方法があります。
この方法は、自分の頭の中から、不安を追い出してしまう方法です。

不安というのはネガティブな予想だと書きました。

であるならば、ポジティブな予想をすることで、不安を頭の中から追い出すことが出来ます。
自分の未来はこうなったらいいなあという、夢や希望というものに、自分の意識を持っていくのです。

未来は単なる予測にすぎません。

ネガティブな予想もポジティブな予想も、自分の意志で自由に想定することが出来ます。
どうせなら、自分の意識をポジティブな予想に持っていけたら、明るい気持ちで過ごすことが出来ます。

そのポジティブな予想を現実化するためには今何をすべきかを具体的に考えるのです。
これが、不安を自分の頭の中から追い出すための最高の方法です。

最高の未来を目指すこと、それが実現できれば、不安な未来になることはありません。

攻撃は最高の防御。

という言葉ありますが、ポジティブに自分の欲しい未来を取りに行くことで、不安を解消できるのです。

不安とは、未来を予測して危険を回避するには必要なものです。
その危険を回避するには、夢を追いかけることが最も積極的な態度です。

「こうなったらどうしよう。」という思考から、「こうなったら素晴らしい。」という思考に切り替えるのです。

さて、あなたが考える最高の未来とはどういうものですか。
それを実現するには、いま何をすればよいのでしょうか。

ほらほら、そのことを考えていると、一瞬でも不安な気持ちが消えたでしょう。

どうせなら、楽しい未来を想定していたいですよね。