お金の心配が無かったら何をする?

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

もしも100億円あったなら

先日、私が経営するあおぞら整体院の院長、三繩先生と雑談していた時のこと。
お金のことを考えなくてよければ、何がしたいか。
という話になったんですね。

まあ、お金のことを考えに入れない、というのは何となくイメージしにくかったので、じゃあ、100億円持っていたらどうしますか?

という話にしたわけです。

3億円は宝くじで当たるかもしれなので、過去に何度も、3億円当たったら、と考えたことがあります。
でも、3億円って、意外にすぐになくなってしまうんですよね。
それだと、お金のことを気にしない、というレベルまではいかなくて、なんかこう、現実的な話になってしまうわけです。

それで、100億円にしたんです。
100億円だと、庶民に私には、感覚的に想像がつかない世界です。
とにかく、使っても使っても使いきれない。
そういう状態です。

人と話をしたい

もちろん、最初は仕事をしないで遊ぶ。
みたいな話になりました。

旅行に行くとか、そういう話になるわけです。
なんで旅行に行きたいのか、と問われると、最初は「絶景が見たい」なんて言っていたのだけれど、もっと突き詰めていくと、知らないところに行って、そこに住んでいる人と話をしてみたい。
というところに行きついたわけです。

結局、私はいろいろな人と話をしたいんだということに気が付きました。
だとすれば、今の仕事は、私がほんとうにしたい仕事だったということに気が付きました。

これは嬉しい発見でした。

値段とは

じゃあ、100億円も持っているのであれば、お金を取らずにタダでやればいいじゃないかと考えてみました。

タダでやれば、お金に困っている人が来るかもしれませんが、中には冷やかしで来る人もいるかもしれません。

こちらは商売でやっているわけではないので、面白くない話は聞きたくありません。
冷やかしの人のどうでもいい話には興味がないのです。
誠実な人の話は親身になって聞くことが出来ますが、いい加減な人の話は聞きたくありません。

じゃあ、思い切って値段を上げてみたらどうか。
お客さんが来なくても構わないので、今よりもずっと高い値段をつけることも出来ます。

するとどうなるか。
そのお金を払ってでも、私に相談したいという人だけが来ます。
そのお金が払える人が来る。
ということになります。

つまり、値段によって、お客さんの属性が変わるということです。
もっと言うと、値段によって、こちらからお客さんを選ぶことが出来るということです。
値段って、そういう機能があるのです。

いつも同じでなくてもいい

どちらかといえば、高い値段を払える人の話を聴いてみたい。
それは、今の自分とは違う世界に住んでいる人だからです。
そんなことを考えました。

一方で、本当に困っている人のためなら、タダで相談に乗ってあげたい。
そんな風にも思います。
それで喜んでもらえるなら、それでもいいのです。

だったら、人によって値段を変えるという方法もあるのかもしれません。
あるいは、場所によって値段を変えても良いかもしれません。

儲ける必要がないのであれば、そういうことも可能です。
いつも同じである必要もないのです。

あなたなにを思うだろうか

ここまで、ダラダラと自分の話をしました。

なんでこんな話を書いたかというと、100億円あったらどうするか、と考えたことで、いろいろな発見があったからです。

こんなこと、普通は考えないですよね。
実際は、自分の持っているお金に左右されます。
それは、無意識のうちに私たちの視野を狭くしているのです。

お金というものから解放されたとき、いったい自分は何を思うのだろうか。
そう考えてみることは、とても大切なことだなあと思いました。
それによって、今まで見えなかったことが、見えるようになったからです。

さてさて、そこで、これをお読みのあなた。
100億円あったらどうしますか。
あなたの日々の暮らしは、どんなものになるでしょうか。

お金の縛りを解いて、考えてみてください。
結構面白いですよ。