本当に欲しいものは「感覚」である

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

不安から逃れたい

自分も含めてそうですけれど、メンタルをやられてしまう人は、将来に対しての不安が強い人が多いですね。

ああなったらどうしよう、こうなったらどうしよう、という不安が常にあるのです。
その不安が大きいために、それを避けるにはどうすれば良いか、ということが、人生の目的になっているような気がします。

しかし、不安を避けることばかりを考えていたのでは、結局はどこにも行きつくことは出来ないし、不安は無くならない。

そして、歳だけを重ねていくことになってしまいます。

夢を実現しようとする力

メンタルをやられてしまっている状態というのは、人生のぬかるみに足を取られてそこから抜けなくなったような感じです。
そこから抜け出すためには、自分はどうなりたいのか、どういう人生を送りたいのか、という、夢を実現しようとする力が必要なんじゃないかな、と思うのです。

これまで、不安を避けるために生きてきた人は、いつの間にか夢を見ることをあきらめてしまったか、あるいは忘れてしまった人が多いです。

でも、ぬかるみに足を取られているときこそ、そこを思い出してほしいと思うのです。
なぜなら、それが、ぬかるみから脱出するための、エネルギーを与えてくれるからです。

夢といっても、現実不可能な壮大なものでなくてもいいのです。
ささやかな夢でも、現実可能な夢でもいい。
自分はいったい、何を求めているんだろうか、と考えてみることが大切です。
そこを意識することで、生きるエネルギーが湧いてくるのです。

自分の感覚に着目する

自分の夢は何だろうか。
それを考える時、とても大切なことがあります。

それは、その夢をかなえた時の「感覚」を大切にするということ。
夢というのは、感覚です。
夢をかなえた時の満たされる感覚。
それを求めているのです。

あなたはどんな感覚になったら、満たされるのでしょうか。
わくわく?
ドキドキ?
それとも、安心感?
幸福感?

その感覚を感じるためには、何をすればいいのか。
それを考えていけばよいのです。

その感覚は身近にあるかもしれない

夢というと、
どうなりたい?
何を実現したい?
なにになりたい?
なにがほしい?
と、つい、その状態を考えてしまいがちですが、
本当に欲しいものは、それを手に入れた時の感覚ではないでしょうか。

本当は、どんな感覚がほしいんだろうか。
その感覚を得るには、何をすれば良いのでしょうか。
もしかしたら、本当に些細なことで、その感覚を得ることが出来るかもしれないのです。
意外にも、すぐ身近に転がっているかもしれません。

あなたの欲しい「感覚」はどんなもの?

あなたが欲しい感覚は、どんなものなのでしょうか。
それを得るためには何をすればよいですか。

そういう視点で考えてみると良いかもしれません。