自分を縛っているのは自分

こんにちは。
BBトレーナーの渕脇です。

色々なものに縛られていました

私はかつてうつに苦しみました。
振り返ってみると、当時私はいろいろなものに縛られていました。

いや、正確に言うと、縛られていると思い込んでいました。

子どものうちは、親に養ってもらわなければいけないし、自分の力で生きていくことができないので、親にコントロールされてしまうのは仕方がありません。
それに、いろいろと教わらないと、生きていけるようになりませんからね。

教えに従っていればいいというのは、自分で考えなくていいので楽だし、安心感もあります。
自分の力で生きていけないうちは、それは仕方がない事なのです。

自分を縛っていたものの正体

子どもだった自分も、だんだん成長していくと、自分で生きていけるようになります。
自分で生きていけるようになれば、自分の頭で考え、判断して、自由になれるはずなのです。
それなのに、何となく縛られているような気がしている。
これはどういうことなのでしょうか。

私が当時の自分を振り返ってみると、やっぱり不安だったのかもしれませんね。
未知の領域に、自分の足で踏み込んでいく不安。

自分を縛っている正体は、親でもなく、常識でもなく、会社でもなく、世間でもない。
ただ、自分が自分の判断で生きていくことへの不安。

これまで学んできて、教え込まれてきた教えに背いて、今まで生きてきたフィールドを離れて、未知の世界へ飛び込んでいくことへの不安。

それが、縛りの本当の正体ではなかったのかなあと、私は思うのです。

未知の世界へ出ていく恐怖

自分の人生ですから、もう自分の足で歩けるようになったのであれば、親の承認やましてや世間の承認なんていらないはずじゃないですか。
世間といっても、自分が知っている世間なんて本当に狭いものです。

私も会社勤めを辞めてみて思いますけれど、世間には本当にいろいろな人がいて、多様な価値観を持っている人がいます。
世間は、自分が認識していたそれよりも、ずっと広いし、ずっと深い。

だから、自分の居場所は必ずあるんです。

後は、自分勇気をもって、今まで自分を縛ってきたものから離れられるかどうか、ただそれだけの問題です。

つまり、縛られているというのは幻想で、そこから飛び出すのが怖いだけです。

縛られていると思ってそこに居続けることのほうが安心だから、その安心が欲しいために、縛られていることにしているだけなんです。

それが、自分で自分を縛っている理由です。

責任を取りたくないだけ

未知の世界へ出ていくのは不安ですし怖いですよ。
自分の判断で、自分の価値観で生きていくのは怖いです。
責任は自分で取らなくちゃいけないですからね。

でも、自由ってそういう事ですよね。

自由にさせてくれ、責任は取らないけど。
というのは、単なるわがままですよね。

怖いと思う、不安だと思うということは、それがわがままだって知っているからです。
本当は自分が縛っているのに、縛られていることにして、文句を言って、愚痴を言って、自分で責任を取りたくない。
それが、縛りの正体だったんです。
今になってよくわかります。

怖いのは最初だけ

でも、先ほども書きしたけれども、世間はあなたが思っているほど狭くないし、広いし深い。
必ずあなたの居場所はあります。

あなたが自分を解放して、自分らしく生きることを選択したとき、必ずそこには先を歩く先輩がいて、色々教えてくれますし、一緒に歩いてくれる仲間も出来ます。

それは間違いありません。

怖いのは最初だけです。
動き出せば何とかなります。

もし、何かに縛られていると感じているなら、その正体は何なのか、よーく考えてみてください。
そしてそれが、自分自身の不安からきているのであれば、思い切ってそれを振り払ってみてください。

きっと、自由に生きていけるようになりますよ。

渕脇の施術を受ける

私の施術とカウンセリングを受けたい方は、ぜひ、東京都東大和市のあおぞら整体院にお越しください。

また、東大和市は遠い!という方は、都心でも受けられます。

カウンセリングだけなら、オンラインカウンセリングも受け付けています!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

著書