整体を受ける本当のメリット

こんにちは。
カウンセラー整体師の渕脇です。

私が整体の道に入ってから、かれこれ17年が過ぎようとしています。
この間に、沢山の人に施術をしてきました。
さらに、12年にわたって整体の専門学校で講師もしてきました。

そんな私が考える、整体を受ける本当のメリットについて書いてみたいと思います。

自分の身体に興味を持つ

さて、皆さんはどんな時に、整体を受けようと思うでしょうか。
多くの場合、どこか体に不調を感じるときではないですか。

肩こりがひどい、腰が痛い、疲れた、頭が痛い。
不調を感じるからそれを何とかするために整体に行く。

という感じでしょうか。

もちろん、これは、整体を受けるきっかけとしてはいいと思います。
身体を整え、状態を良くしていけば、こういう不快な状態を取り除くことが出来ます。

でも、多くの人が、不快な状態を取り除くことで満足して、その後整体を受けなくなってしまうことが、もったいないなあと思います。

私が考える整体を受けるメリットは、「自分の心身に興味を持つ。」ということです。
そのきっかけとしての整体なのではないかと思うのです。

自分の不調の原因を知る

どうして自分は肩が凝るんだろう?
どうしていつも腰が痛くなるんだろう?

そして、それを防ぐにはどうすればいいんだろう。
いつまでも快適に健康的に過ごすにはどうすればよいのだろう。

そういうことに、興味を持ってもらいたいのです。

ああ、なるほど、私は姿勢が悪いのか。
歩き方がおかしいからか。
ここの筋肉が使えていないからか。
そもそも、睡眠不足なのか。
いや、運動不足なのか。
暴飲暴食がいけないのか。

そうして、そういう生活を長く続けるとどうなるのか。
どこをどう改善していけばいいのか。
やっぱり定期的に身体もメンテナンスしなければいけないのか。

今まで、そういうことに注意を払ってこなかったなあ。

とまあ、こういうことを考えるきっかけになってほしいのです。

「治す」よりも大切なコト

どうも多くの人が、「悪くなったら治せばよい」と考えているようで、そこが間違えているということに気が付いていないようです。

さらに言うと、「治す」というのが、「薬などで症状を抑える。」事だと思っていることも気になります。

薬で症状を抑えるのはいわゆる「対症療法」というやつです。
これは、治療のようでいて治療ではありません。
ただ、症状を感じなくさせているだけで、身体にとって、何もいい事はありません。

身体にとって最も大切なのは「悪くならない」こと。
そのための身体を作っていくこと。
そのためにどうすればいいかを考えて、実行すること。

整体師というのは、そのためのアドバイザーなのです。
身体の疲労を取り、歪みを整え、身体の使い方を指導して、メンテナンスを繰り返す。
それを続けることで、健やかな身体作りをしていくのです。

身体が資本

「身体が資本」とはよく言ったものです。
健康が無ければ、いい仕事はできないし、いい気持ちで生活することもできない。

さらには、歳を重ねても元気でいるためには、若いころから身体を大切に扱うことです。
問題が出てからでは遅い。

整体を受ける本当のメリットは、自分の身体に関心を持ち、今どんな状態なのかをチェックし、メンテナンスを繰り返し、健やかな身体を手に入れること。
そして、歳を取っても健康で、社会貢献をして、人生を謳歌すること。

楽しくイキイキとした人生を送るためには、身体を良い状態にしておくことが大切なのです。

辛い状態が何とか解決すればそれでいい。
そいうものではないと思います。

より健康的に、より快適に、人生を楽しむ。
そのために、整体を定期的に受けてほしいと思います。

自分をもっと大切に扱いましょう。
酷使すると、後から痛い目にあいますよ。

痛い目に合わないように、もっと体に投資をしても良いのではないでしょうか。