自分を解放してあげよう

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

会社を辞めたクライアント

昨日、あおぞら整体院に来たクライアントさんのうち、偶然にもお二人の方が会社を辞めることになりました。
どちらの方も晴れ晴れとした表情で、わたしは「おめでとうござます!良かったですね!」と言いました。

お二人ともハードな勤務体制のいわゆる「ブラック企業」にお勤めの方で、ほとほと疲れ果てていました。

このままいくと、絶対倒れる。
会社より自分の身体の方が大事。

そう思いながら、何とか整体を受けつつしのいで来たというお二人です。

どちらの方も40代の男性で、この歳で会社を辞めるというのはなかなかの決断だと思いますが、身体を壊して働けなくなってしまうよりは、ずーっと賢明な判断だと思います。

会社を辞めてわかったこと

私もかつて会社を辞めて、いわゆるフリーランスとして働いています。

自分が会社を辞めてからわかったことですが、世の中にはフリーランスとして働く人や、会社をどんどん変えて、転々と働く場所を変えていく人が沢山います。

会社にいる間は、そういう人たちとの交流がなかったために、こんなにも沢山の人がそういう生き方をしているということを知りませんでした。

会社を辞める前は、一度会社を辞めたら、そのあとは徐々に落ちて行って、やがては底辺に沈んでしまうのではないかという恐怖があったのですが、そんなこともないんだなあと実感しています。

世の中には、実にいろいろな経験をしている人たちがいるのです。

もちろん、中にはどんどん落ちて行ってしまう人がいるのも事実ですが、逆にどんどんキャリアアップしていたり、やりたことを始めて幸せに暮らしている人もいます。

日々、多くのクライアントさんと接していると、世の中には実にいろんな人がいるものだなあと、実感します。

自分が選択していることを自覚する

結局は、最悪の状態を警戒して我慢するか、最高の状態を目指して歩きはじめるか、どっちを取るがだと思います。

昨日来られた二人のクライアントさんの場合は、会社にとどまることが最悪の結果を招くとの判断だったので、それは素晴らしいことだと思います。

一般的には、会社を辞めるというのは良くないことである考える人が多いと思います。

確かに場合によっては、それが最悪の結果を招くということもあるし、逆に、自分がイキイキと生きて行けるようになったという人がいるのも事実です。

結局、自分がどこを目指すか、どこを見ているか、どこにフォーカスしているかが問題なのです。

人生はすべて、自分の選択の上に成り立っています。
そのことを自覚したほうが良いと思います。

自分を縛っているのは自分だし、自分を解き放つのも自分。
そして、その結果を引き受けるのも自分なのです。

具体的に考えることが大切

いま、生きるのが苦しいと感じている方は、どうしたら自分を解き放ち、自分がイキイキと輝くことが出来るのかを考えてみてはいかがでしょうか。

そうして、どうやったらその状態を作り出すことが出来るか、その作戦を具体的に考えてみることをお勧めします。

漠然と考えていてもいいことは起こりません。
具体策を考えることが大切なのです。

いま、あなたはイキイキと生きているでしょうか?
それとも、もっと輝きたいと思っているのでしょうか?

自分を解放する方法を具体的に考えてみましょう。
そうすれば、可能性が見えてきますよ。