その人生観どこで手に入れたの?

こんにちは。
BBトレーナーの渕脇です。

人は思った通りの人生を歩く

人は思った通りの人生を歩きます。
その人の人生観通りの人生を歩くのです。

これは、意識しようが無意識だろうが、そうなっているんです。

だって、人の行動は、すべて自分で判断して行われるからです。
他人を変えることはできないし、他人に踊らされることは無い。

現状のままが良いと思えば、たとえ消極的な理由(現状を変えるのが怖いとか不安とかメンドクサイとか)でも、現状を変えようとはしないし、現状を変えたいと思えば変えようとします。

夢なんてかなうわけがないと思っていれば、行動しようとすらしないので、かなうわけがないし、夢をかなえようとしない人生なんて面白くない、いつかかなうはずだと思っていれば行動するし、行動すればかなう可能性が出てくる。

人生は楽しいものである。というイメージを持っていれば、楽しい事をたくさんしようとするし、楽しめる。

人生は苦しいものだ、というイメージを持っていれば、苦しいことがあってもこんなものだと思って、そこから逃れようとしない。
それどころか、自分から苦しいほうへ歩いて行ってしまう。

私は苦しいイメージを持っていました

私はかつて、人生は苦しいものだと思っていました。
だから、苦しくてもそれが当たり前だと思っていました。

周りの人に遠慮して、自分が幸せをつかむことを躊躇してチャンスを逃したこともあります。
自分だけいい思いをすることがいけないことだと思っていたんですね。

夢を語るなんて、青臭い人のやることだと思っていて、現実的な道(安易な道)を選択して、結局そこで行き詰まってうつ病になりました。

結局、うつ病に至る道を自分で選択していたんだということに気がついたのです。

世の中にはいろんな人がいる

でも、うつ病になって気がついたんです。
世の中には、いろんな人がいる。

面白おかしく生きている人たちがいる。
失敗してもしつこくチャレンジする人たちがいる。
いくつになっても夢を追いかけている人がいる。
それもまた、立派な人生なんだってこと。

いつその苦しい人生観を持ったんだろう

いったい私は、そのつらい人生観をどこで手に入れたんだろう。

親の教育の影響もある。
時代の空気もある。

でも、最後はやっぱり、自分で勝手にそう思い込んでいたんだと思います。

たかだか10年ちょっとしか生きていない、中学、高校時代にそういう価値観になったんだろう。
まだまだ、世間知らずの癖にそんな大事な価値観を決めてしまって、それに従って生きて苦しんで。
本当にバカらしい。

世間は広いし、人生は深い。
たった20年生きたくらいで、わかったような気になっていたなんて、この歳になって振り返って見ると、本当にばかばかしい話だ思います。

楽しい人生観にシフトしよう

いま生きづらい思いをしている人へ。
その苦しい人生観をいつ手に入れましたか。
その人生観を疑ってかかってください。

世の中には、沢山の価値観があります。
今のあなたには信じられないような価値観を持って生きている人たちがいます。

それでもみんな生きています。
あなたも生きていけます。
何も心配はいりません。

苦しいイメージを捨てて、楽しいイメージを持ちましょう。

あなたはどんな人生なら楽しいと思いますか?
楽しい人生をイメージすれば、人生が変わります。
楽しい人生を切り開いていきましょう!

渕脇の施術を受ける

私の施術とカウンセリングを受けたい方は、ぜひ、東京都東大和市のあおぞら整体院にお越しください。

また、東大和市は遠い!という方は、都心でも受けられます。

カウンセリングだけなら、オンラインカウンセリングも受け付けています!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

著書