金の卵を産むガチョウを大切にしましょう

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

 金の卵を産むガチョウ

金の卵を産むガチョウの話を知っていますか?
イソップ物語に出てくる有名な話なので、知っている人も多いと思います。

ウィキペディア「ガチョウと黄金の卵」によると、あらすじは以下の通りです。

ある日農夫は飼っているガチョウが黄金の卵を産んでいるのを見つけて驚く。それからもガチョウは1日に1個ずつ黄金の卵を産み、卵を売った農夫は金持ちになった。しかし農夫は1日1個しか卵を産まないガチョウに物足りなさを感じ、きっとガチョウの腹の中には金塊が詰まっているに違いないと考えるようになる。そして欲を出した農夫はガチョウの腹を切り裂いた。ところが腹の中に金塊などなく、その上ガチョウまで死なせてしまった。

この話を読んで、この農夫は馬鹿だなあと思いますよね。
ガチョウを殺してしまったら、もう二度と金の卵を得ることは出来ないものね。
でも、あなたはこの農夫を笑うことが出来るでしょうか?

 ガチョウを殺してしまう人

私はカウンセラー整体師という仕事柄、この話を読むと、この農夫はブラック企業の経営者にも見えてくるし、自分の身体を壊すまで働いてしまう日本のサラリーマンを連想してしまいます。
ブラック企業の経営者は、もしかしたら「ガチョウは他にもいる。」って思っているかもしれません。
それは本当に最悪な経営者ですね。
さすが、ブラックです。

でも、自分の身体を酷使するサラリーマンは、まさにこの農夫と同じです。
ガチョウはこの世で一羽だけだし、それを殺してしまったのでは、二度と金の卵を手に入れることは出来ません。
自分の身体は金の卵を産むガチョウのようなもの。
壊れてしまって、働けなくなったら大変なことです。
二度と金の卵を産めない身体になってしまうかもしれません。

ガチョウに沢山の卵を産んでもらうには

ガチョウは生身の身体です。
どう頑張っても一日に何個もの卵を産むことが出来ません。
本来なら、一つでも多く卵を産んでもらうために、ガチョウのお世話をせっせとして、出来るだけ長い間、卵を産み続けてもらうことを考えるほうが良いですよね。
栄養のある餌を食べさせて、適度な運動をさせて、しっかりと休ませて、健康的な体を作っていくことが求められます。

そして、コツコツと、地道に一個づつ卵を産み続けてもらうのです。

じれったいかもしれないけれど、それが一番いい方法だということはお分かりいただけるでしょう。
 

自分のガチョウを大切にしてください

自分の身体も生身の身体です。

病気になったり、壊れてしまって働けなくなったら大変です。
地道にコツコツ、時間をかけて働ける状態をキープしなければいけないのです。

そういう意味で、健康はとても大切です。

企業の経営者にとっても、社員は金の卵を産むガチョウのようなもの。

(ちょっと例えがよくないですね~)

社員が健康で、イキイキと働いてくれることが、結局は会社の生産性を高めて、金の卵をたくさん生産してくれるのです。

この単純なことが分からない人は、この農夫を笑うことは出来ません。

あなたは、自分の身体を大切にしていますか?

金の卵を産むガチョウを殺すような馬鹿なことをやっていませんか?

この世に一羽だけの、大切なガチョウです。
大切に大切に、お世話してあげてくださいね。