つらつらと一年を振り返る

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

さてさて、クリスマスも終わりました。
今年も残すところ、あと一週間ですね。

この時期は、何かと忙しいのですが、忙しいながらも、今年を振り返り、一年を総括するのもいいですよね。
今年は、私にとって、ターニングポイントともいえる年だったのではないかと思います。

今年の出来事

18年ぶりに実家に戻ってきたこと。
住む場所を変えるというのは、大きな変化をもたらします。

これによって、家族全員の生活が変わりました。
もちろん、良い面と悪い面があるのですが、人生の区切りになりますよね。

そして、今後の方向性が決まったこと。
いろいろな道を模索していましたけれど、働く人たちの健康を守る仕事をしようと決めました。

それから、会社を設立したこと。
ここ2,3年、これからの自分の生き方を模索していたのですが、その方向性が定まって、実際に動き出したことが大きかったです。

苦しかった

このブログにはあまり書きませんでしたけれど、今年一年の感想は「苦しかった」という一言です。

産みの苦しみというのでしょうか。
いまでも、その苦しみの中にいるような気がしますけれど。

その苦しみを思うとき、ああー、よく頑張ったなあ、自分。
と思います。

誰も褒めてくれないから、自分で自分を褒めます(笑)
そうじゃないと、やってられませんから。

沢山の人に会いました

そういう苦しい中でも、自分として良く活動した一年でもありました。

ずっと、自分の整体院と自宅を行き来するだけの生活が続いていたのですが、3年前に、「もっと外に出る」と決めてから、意識的に活動を始めました。

そこから、徐々に活動を活発化させて、今年は、本当にいろいろなところに出かけて行って、沢山の人に会いました。

そして、世の中には、積極的に活動している人たちが沢山いるということを「実感として」知ることになりました。
来年もこの動きをさらに活発化させていきたいと思います。

やっぱり、自分から動き出さないと、こういうことにはなりませんね。
自分から動き出すって大事です。

人生は面白い

こうやって過去を振り返ってみると、人生って面白いですね。

向こうから変化がやってくることもあれば、こっちから働きかけることもある。
動けばそれだけいろいろなことがやってくる。
やればやっただけの結果は出るんだろうな。

さてさて、来年は何がやってくるのでしょうか。
今年以上に動き回って、いろいろな出会いを楽しみたいと思います。