加点法でワクワク生きていこう

こんにちは。
BBトレーナーの渕脇です。

ダイエットの指導もしています

私はダイエットの指導もしています。
私が経営している、東大和市のあおぞら整体院には、ダイエットの相談にやってくる人もいます。

あおぞら整体院のダイエットコース

ダイエットって、実は簡単なんです。
ちょっとコツを教えただけで、簡単に痩せてしまう人がいます。

中には、私のダイエットセミナーを一回受けただけで、3カ月で12kgの減量に成功した50代の女性もいました。

その一方で、なかなか痩せられない。
ちょっとはうまく行くけれど、すぐに元に戻ってしまう人がいます。

自分を減点法で採点する人

先日も、そういう人が相談にやってきました。

その人とお話をしていて、気がついたことがあります。
その方は、いつも自分にダメ出しをしています。

ちょっとうまく行かないことがあると自分にダメ出しをしてしまって、モチベーションがつづかないのです。

そして、何事においても、義務感がつきまといます。

どうも、話を聴いていると、完璧を求めてしまうようです。
完璧にこなせないと、自分を責めてしまってストレスを感じてしまうのです。

ストレスを感じるくらいなら、もういいや、と諦めてしまうのです。

つまり、完璧にこなすということがその方の基準になっていて、それが出来ないとマイナスポイントが付くのです。
そうして、どんどん、マイナスポイントがたまっていって、辛くなってくるのです。

その方は、無意識のうちに、自分に対して減点法で採点していることが分かりました。
そうすると、出来ないことに意識が行ってしまって、辛くなってしまうのです。

減点法は当たり前ではない

私たちは、物心ついたときから、この減点法で採点されてきています。
私には小学生の子どもがいますが、学校から持って帰ってくるプリントは全部、減点法で採点されています。

減点法は、全問正解で満点で、間違えると減点されていく、おなじみのあの方法です。

この方法では、自分が出来ないところに意識が行くようになります。
もちろん、それはメリットがあるのですが、こればかりですと、自分に自信を持てない人が量産される可能性があります。

この辺は、私の過去の記事「減点法と加点法」にも書きました。

結局、その方も無意識のうちに、減点法で自分を採点しているので、どんどん自信を失っていってしまい、何をするにしても楽しさを感じられないのです。

楽しさを感じることが大切

楽しくないのに何かを続けるというのは、苦行でしかありません。
そんな心理状態でダイエットを成功させるのは不可能ですよね。

やはり楽しを感じながらでなければ、なにごとに対してもモチベーションを維持するのは難しいでしょう。
義務感で続けることほど、難しいことはありません。

一方で、加点法であれば、楽しさを維持することが可能です。
基準はスタート時のゼロ点で、そこからポイントを重ねていけばいいのです。

自分はどんどん進歩していくわけですから、こんなに楽しいことはありません。
やっぱり楽しさを感じられなければ、続けることは難しいですよね。

加点法でワクワクしよう!

完璧主義で減点法思考の人は、なにごとにおいても自信がありませんし、ストレスを抱え込みやすくなります。
これは何も、ダイエットに限ったことではなくて、勉強においても、仕事においても、スポーツにおいても同じことが言えます。

自分が成長して、進化していくことはとても楽しい事です。
そのことを楽しんでしまえばいいのです。

ところが、まだまだ子どもだったころ、学校時代にこの楽しさを奪ってきたのが減点法なのです。

大人になった皆さんは、もう学生ではないのですから、加点法を楽しんでしまえばいいのです。

さて、これをお読みのあなたは、加点法でワクワクしていますか?
それとも、減点法で自分にダメ出しをしていますか?

その辺を一度考えてみてくださいね。

ダイエットについて語り合うイベントをやります

来月のプレミアムフライデーに、ダイエットについて語り合うイベントをやります。

私のダイエット方法を公開しますので、興味がある方はぜひ来てください。

詳しくはこちらをご覧ください!

渕脇の施術を受ける

私の施術とカウンセリングを受けたい方は、ぜひ、東京都東大和市のあおぞら整体院にお越しください。

また、東大和市は遠い!という方は、都心でも受けられます。

カウンセリングだけなら、オンラインカウンセリングも受け付けています!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

著書