人生はチャンスに溢れている

こんにちは。
カウンセラー整体師の渕脇です。

幸運の女神が通り過ぎてしまっても大丈夫

昨日の記事に、「本当に必要なものは手に入るようにできている」と書きました。
それは、モノだけではなく、必要な人やチャンスもそうなんじゃないだろうかと。

どうしてそうなのかなあ、と、ちょっと考えてみたんです。

よく、「幸運の女神には前髪しかない」と言います。
通り過ぎた後ではつかめない。
だから、チャンス!と思ったら、すぐにつかみに行かないとダメだよ。

という意味で使われます。

でも、その一方で、「必要なものは手に入るようにできている」というわけです。
なんだか、矛盾しているようですよね。

通り過ぎてしまった幸運は二度と掴むことが出来ない。
でも、本当に必要になった時に手に入る。

これは、一体どういうことなのか。
そんな事を考えてみたんですね。

幸運の女神は一人ではない

私の人生を振り返ってみて思うのは、じつは、幸運の女神は一人じゃないということ。
それどころか、次から次へと、私たちの目の前を通り過ぎているのです。

想像してみると、なんだか滑稽です。
女神があちこちでうろうろしているって。

ただ、それを幸運女神だと認識できないだけです。
気が付いていないんです。

それで、後から気が付いて、

「ああー、逃がした魚は大きかった。」

などと、その逃げてしまった女神に意識が行ってしまっているその瞬間にも、じつは別の女神があなたの前を通り過ぎていることに気が付かない。

そういうことなんじゃないでしょうか。

幸運女神はその辺にいくらでいる!

また、必要性を感じていないから、その女神に気が付かない。
どうしても自分にはそれが必要なんだ!
という状態になって初めて、自分の目の前に現れた女神に気が付くようになる。

そうなのです、要するに、幸運の女神は沢山いるということです。
その辺にいくらでもうろうろしているわけです。

私の前髪を掴んで下さいな~って(笑

ただ、あなたにはそれが見えていない。
または、それを掴む勇気がない。
あるいは、準備が出来ていない。

それだけのことなんじゃないかなあ。

だから、その必要が生じた時、そして、その勇気が出た時、目の前に現れた女神に気が付き、それを掴むことが出来る。

必要性が勇気を生む

なんだか、そんな気がしてならないのです。

溢れる情報にのってやってくる

今は情報化社会です。
本当にいろいろな情報が、日々、私たちの前を通り過ぎていきます。
その情報の中には、沢山の女神が隠れています。

情報化社会だからこそ、幸運の女神が自分の前に現れる機会が増えている。
そう考えることもできます。

その女神を見分ける目と、それを掴む勇気があれば、いくらでも夢をかなえることは可能なのです。

結局、自分がいかに能動的に動くか。
ということなんだなあ。

人生はチャンスに溢れています。
それを掴むのはあなたなのです。

そうそう、私も掴まなくっちゃね(笑